campaign2008_1

『10秒後に地震が来ます』 その時あなたは何をしますか?

パラボラアンテナ・通信回線不要の衛生デジタル放送で緊急地震放送を配信

数秒後に地震が来る事が分かれば、私たちは地震に備え、危険を回避する行動をとる事が出来ます。強い揺れが来る前に、音声放送やアラーム装置等を通じて、人々に注意を促し、様々な制御信号を発して設備機器等を自動制御することも可能です。屋内から屋外、また移動体(自家用車・高速バス…など)幅広い場所で活用可能です。ナント震源地から情報伝達時間が約1秒!!

専用受信機にはGPS機能を標準装備
設置場所を自動認識し
推定震度や推定到達時間を表示

2008年3月からスタートの
『Sバンド防災放送2.6GHz帯』

高度利用者向け緊急地震速報を気象庁からモバイル放送へ、モバイル衛生から一斉発信(この間約1秒)
Sバンドは、悪天候の影響を受けにくく、パラボラアンテナが不要で、小型アンテナで受信可能。

お問い合わせはこちらから

(注)震源地との距離により地震到達前にお知らせ出来ない場合があります。